眼の病気ガイド
  • 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

帯状疱疹

帯状疱疹について

帯状疱疹は、左側または右側の神経の線に沿って水ぶくれや赤い発疹が帯のように発生する病気です。初期症状として、水ぶくれや発疹が出る前に皮膚にピリピリとした痛みが走るケースが多く、徐々にその痛みを強く感じるようになります。痛みのピークは発症してから2週間後ぐらいで、この頃になると、あまりの痛みに夜も眠れなくなることも多いようです。発症する部位は人によってさまざまで、神経のあるところならどこにでも発症する可能性があるといえます。

帯状疱疹の原因

「帯状疱疹なんて私にはたぶん関係ないよ」と思っているかもしれません。ですが実はほとんどの人が、帯状疱疹になる可能性を秘めています。

これはどういうことかというと・・・
子どもの頃、水ぼうそうになったことがある人全員が、帯状疱疹になる可能性を持っているんです。水ぼうそうのウイルスと、帯状疱疹のウイルスは、実は同じものです。

でもこれを知っても「私は水ぼうそうはちゃんと治ったし、その時に免疫ができてるはずだからもう大丈夫なんじゃないの?」と思われるかもしれません。

確かに、水ぼうそうは1週間~10日程度できれいに治りますが、実はこれ、完全に治ってるわけではないんです。水ぼうそうのウイルスは死滅するのではなく、免疫によって表に出てくるのを抑えつけられているだけで、神経節のあたりにじっと潜んでいます。

健康であるうちはこの免疫が頑張ってくれますが、疲れや病気などによって免疫が弱ってしまうと、潜んでいたウイルスが神経節で増殖してしまい、帯状疱疹となって発症してしまうことがある、というわけです。

帯状疱疹は、ウイルスが長年潜んで力を溜めていただけあって、いったん発症すると水ぼうそうよりもはるかにやっかいです。

子どものころ水ぼうそうになっても、その後に痛みやかゆみが残ることはまずなかったでしょうが、帯状疱疹の場合、ウイルスが潜伏先の神経節で増殖するため、神経が炎症を起こします。これが帯状疱疹の痛みの原因となるのですが、炎症によって神経が傷つけられるため、水ぶくれや発疹などの皮膚症状がおさまった後でも痛みが消えない、というケースも少なくありません。

帯状疱疹は中高年がかかりやすい?

帯状疱疹は、実は「かかりやすい年代」というものがあります。それは、中高年世代。帯状疱疹患者の多くが、50歳代以上の年齢層なんです。

どうして中高年になると発症率が上がるのかというと・・・
一番の原因は、加齢による衰えだといわれています。これまでと同じ生活をしていても、中高年ともなると、さすがに加齢などによる衰えは避けられません。それにともない免疫力も少しずつ低下してしまうんです。さらに、若い頃ほどの回復力もないことから、帯状疱疹が重症化し、痛みが残りやすいともいわれています。

つまり帯状疱疹は、年をとればとるほどに気をつけなければいけない病気、早期治療をしなければいけない病気、というわけです。

帯状疱疹チェックリスト

もし、帯状疱疹になってしまったら、重症化させないためにも、何よりも早期の治療が大切となります。ですから、帯状疱疹とはどんな症状か、というのを知っておくと便利です。

というわけで、ここで代表的なチェックポイントをいくつか挙げてみましょう。

・皮膚にピリピリとした電流が走るような痛みを感じる
・これまでの「できもの」とは違う、焼けるような痛みの水ぶくれや、発疹がある
・体の片側にブツブツとした水ぶくれ・発疹がある
・ただのかぶれかと思っていたけど、いつもにはない痛がゆい感覚がある。
・夜、水ぶくれや発疹の痛みで目が覚める
・痛みが4,5日たっても消えない
・皮膚の痛みが日に日に強くなってきた

もしこの中で、ひとつでも当てはまる症状があれば、あなたは帯状疱疹を発症している可能性があります。帯状疱疹は皮膚病のひとつですから、皮膚科で診察を受けることができます。

帯状疱疹の予防方法

帯状疱疹というのは、加齢や疲れ、ストレス、病気などによって免疫が低下することにより発症しやすくなりますので、日常生活での予防方法といえば何よりも、規則正しい生活をして、疲れやストレスをためないこと、というのが第一になってきます。

ですが、もっと高い予防効果を求める場合は、水ぼうそうのワクチン(水痘ワクチン)を接種して免疫力をアップさせることがあります。帯状疱疹と水ぼうそうのウイルスが同じものであることから、帯状疱疹の予防についても水ぼうそうのワクチンが有効、という理屈になっているわけです。

水ぼうそうのワクチンは副作用もほとんど見られず、数あるワクチンの中でもきわめて安全性が高いものとなっています。ただし、このワクチンがいくら効果的とはいっても、残念ながら予防率は100%とまではいきません。

確かに予防率はグンと上がりますが、それでもワクチンを打っても帯状疱疹になってしまう人は一部います。そして、このワクチンはあくまで「自由意志による予防的手段」ですから、保険診療の対象にはなりません。ワクチン費用は全額個人負担となることを、理解しておきましょう。

まとめ

帯状疱疹になってしまったら、先ほども述べたとおり、早期の治療が何よりも大切です。「もしかして帯状疱疹かも?」と思った時点ですぐ、医師の診察を受けましょう。

そして指示をきちんと守って薬を使うことも大切ですが、回復を早めるためには日常生活でも注意が必要です。規則正しい生活をして疲れやストレスをためないのはもちろんのこと、水ぶくれが破れないように気をつけることも大切です。

水ぶくれが破れたところから細菌が入って、化膿すると大変です。特に、入浴は湯船のお湯などを通じての細菌感染に注意する必要がありますので、医師に入浴していいかどうかの判断をあおぎましょう。

不快な目の症状、血行障害が原因かもしれません!